外壁の劣化が目立ってきた方へ!外壁塗装をいつするか目安を解説します

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

外壁の劣化が目立ってきた方へ!外壁塗装をいつするか目安を解説します

ブログ

2021/06/19 外壁の劣化が目立ってきた方へ!外壁塗装をいつするか目安を解説します

マイホームの外壁の劣化が目立ってきて外壁塗装を検討しているという方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装をいつ行うのがいいかわからず放置していると、劣化が進行し外壁だけでなく建物の基礎まで傷めてしまう恐れがあります。
そこで、外壁塗装の耐用年数と劣化状況の判断方法をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□外壁の耐用年数とは?簡単に解説します

耐用年数とは、使用できる予定の年数のことを指し、限りがあることを示しています。
外壁塗装の耐用年数は、塗料の耐用年数と建物の耐用年数の2つに分けられます。
塗料の耐用年数とは、塗料メーカーが自社で作った塗料が塗装後、何年間耐久性を保てるかを示したものです。
一方で、建物の耐用年数とは、国税庁が発表している建築材ごとの建物の寿命を示したものです。

これら2つの耐用年数が、外壁塗装の耐用年数に大きく影響するのです。

 

□外壁塗装を行うタイミングの見極め方を解説します

では、ご自宅の外壁の耐用年数が過ぎているかどうかはどのように判断するのでしょうか。
答えは、外壁の劣化状況からの判断になります。
耐用年数が過ぎても外壁材の交換や塗り替えを行わないで放置していると、雨漏りや建築材の腐食の原因となってしまいます。
外壁の劣化状況を判断する3つのポイントを理解して適切なタイミングで外壁塗装を行いましょう。

1つ目が、チョーキング現象です。
この現象が起きている外壁を触ると白い粉がつきます。
外壁の塗装が粉状になっていることで発生し、今すぐに塗装を行わなければいけない状態ではありませんが、外壁塗装の効果が薄れつつあります。
塗り替えのタイミングが近いと考えて良いでしょう。

2つ目が、塗膜の剥がれです。
塗装の膜が剥がれると、下塗りや外壁材が剥き出しになってしまいます。
この状態で放置すると外壁材が劣化して建物の内部にも影響し、補修費用が高額になりやすいです。
塗膜の剥がれを発見した場合は、放置せずに外壁の塗り替えを行うことをオススメします。

3つ目が、外壁材や塗装にひびが入ることです。
浅いひび割れをチェッキング、深いひび割れをクラッキングと呼びます。

この状態を放置していると隙間から雨水などが浸入し雨漏りの原因になることや、湿気でカビが発生することがあります。
また、建築材が傷んでしまい、建物の美観も失われます。
早急に外壁塗装を行いましょう。

 

□まとめ

今回は外壁の耐用年数と、塗装を行うタイミングの見極め方を解説しました。
放置すると大切なお家を傷めてしまう原因となるので、この記事を参考に外壁塗装を検討してください。
当社では、責任を持ってお客様のマイホームの外壁を美しく施工いたしますので、お悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP