防犯対策のためには窓のリフォームがおすすめ!どんな窓にすれば良いか紹介します

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

防犯対策のためには窓のリフォームがおすすめ!どんな窓にすれば良いか紹介します

ブログ

2021/06/15 防犯対策のためには窓のリフォームがおすすめ!どんな窓にすれば良いか紹介します

マイホームの防犯対策をお考えの皆さん、泥棒が侵入しやすいのは窓からということをご存知ですか。
この記事では、防犯対策のためにできる窓のリフォームについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□泥棒の侵入は約7割が窓から!窓の防犯対策について解説します

泥棒の侵入で最も多いのが、窓ガラスを破られるというケースで、それに続いて無施錠のケースが多くなっています。
泥棒の侵入を防ぐためのポイントは、確実な施錠を心がけること、敷地内に死角を作らないこと、防犯性の高い窓に交換することが挙げられます。
意識して忘れないように施錠を心がけていても、どうしても忘れてしまうこともありますし、そもそも窓を破られてしまってはどうしようもないですよね。
そこで、防犯性の高い窓を選ぶポイントを解説します。

まずは、泥棒に嫌われる窓の特徴を理解しましょう。
侵入に5分以上かかると、泥棒の約7割が侵入を諦めるというデータがあります。
侵入に手間がかかる窓にすることで、防犯性を高めることができます。

さらに、二重窓などを採用して、見た目で侵入が大変そうだと感じる窓にすることも有効です。
他にも、シャッターや雨戸を取り付ける方法があります。

 

□防犯対策としてできる窓のリフォームを解説します

続いて、防犯のための具体的な窓のリフォームを2つ解説します。

1つ目は、防犯ガラスに交換することです。
防犯合わせガラスや、防犯合わせ複層ガラスという種類があります。
防犯合わせガラスは2枚のガラスの間に特殊フィルムを挟むことで、万が一外から衝撃を受けたとしても、ガラスが割れにくいという特徴があります。
防犯合わせ複層ガラスは、室外側にもう一枚ガラスを加える方法で、防犯合わせガラスよりも防犯性が高いという特徴があります。

2つ目は、面格子を設置することです。

窓を外側からしっかりとガードできるので、侵入しづらい家だと見た目からもアピールできるのがポイントです。
最近では、洋風の住宅にぴったりな、デザイン性も高く、防犯対策にもなる面格子もあります。
浴室や洗面所、2階のトイレなどの小窓にも格子をつけることをオススメします。

 

□まとめ

今回は、戸建て住宅でできる防犯対策として、泥棒の侵入口となる窓への対策を解説しました。
5分以上かかっても侵入できない家は、泥棒が諦めて退却するので狙われにくい家となります。
侵入しづらい窓にリフォームしてお家の防犯対策を行いましょう。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP