外構をおしゃれにリフォームするときのポイントを紹介します!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

外構をおしゃれにリフォームするときのポイントを紹介します!

ブログ

2021/05/07 外構をおしゃれにリフォームするときのポイントを紹介します!

外構のリフォームを考えている方の中には、外構をおしゃれに作り変えたい方もいらっしゃるでしょう。
外構は後回しにしがちな要素の1つですが、少しこだわるだけで家の印象が大きく変わりますよ。
そこで今回は、おしゃれにするために意識するポイントと使い勝手を良くするポイントを解説します。

 

□外構をおしゃれにするためのポイントを解説!

外構とは建物の外部に設置する門や堀などのことを指します。
家の印象を作る要素の1つなので、デザインや配置には特にこだわった方が良いでしょう。
ここで紹介するポイントを押さえるだけで外構がよりおしゃれになるので、参考にしてください。

1つ目は建物とのバランスを考えることです。
建物が和風なのに外構が洋風だと、ちぐはぐな印象を与えかねませんよね。
例えば洋風の建物の場合はタイルを敷いたり洋風の門を取り付けたり、テイストを合わせると統一感のあるおしゃれな雰囲気になります。

2つ目は庭づくりにこだわることです。
まず、見て楽しむ庭をつくりたいか、もしくは使って楽しむ庭をつくりたいかを決めましょう。
例えば、見て楽しみたい場合は庭をリビングから見えるような場所に配置したり、間接照明を使っておしゃれな雰囲気を作り出したりすると良いでしょう。
どんな庭を作るにしても、植物が育つために庭を日当たりの良い場所に設置することと、庭をつくった際には日々のお手入れをおこたらないことが大切です。

また、狭い外構をおしゃれに見せたいと思う方も多いかもしれません。
この場合、おすすめの方法はオープン外構にすることです。
これは門や堀を設置しないことで外構を広く見せるという手法です。
プライバシーが気になるという方は門や堀の代わりにルーバーを設置して、圧迫感を感じさせずに目隠し効果を得ることも1つの手です。

 

□外構の使い勝手を良くする秘訣とは?

配置やデザインを決められたら、次は使い勝手を意識しましょう。
おしゃれな外構ももちろん大事ですが、生活する上では使いやすさも重要ですよね。
ここでは使い勝手を良くする2つのポイントを解説します。

1つ目は駐車場の配置と広さを事前によく考えておくことです。
建物を建ててからだと変更が難しいので、今後購入するかもしれない車の台数や自転車などの収納スペースを必ず考えておきましょう。

2つ目は水道やコンセントの位置です。
例えば電気自動車を購入する予定があるのなら、駐車場の近くにコンセントが必要ですし、庭に芝を張っている場合は水まき用の水栓が必要ですよね。
この点は意外と見逃しやすいので、施工会社とも事前によく打ち合わせておきましょう。

 

□まとめ

この記事では、外構リフォームについて解説しました。
建物とのバランスや庭づくりを重要視すると、外構はグッとおしゃれになるでしょう。
使い勝手を良くするには、駐車場の広さや水道の位置を意識すると良いですよ。
当社は大阪で外構リフォームをサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP