キッチンのリフォームをお考えの方へ!大阪のリフォーム会社がコツを解説!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

キッチンのリフォームをお考えの方へ!大阪のリフォーム会社がコツを解説!

ブログ

2021/05/05 キッチンのリフォームをお考えの方へ!大阪のリフォーム会社がコツを解説!

キッチンのリフォームをお考えの方はいらっしゃいませんか。
キッチンのリフォームにはいくつかのコツがあり、それらのコツを押さえることで失敗を避けられます。
そこで今回は、使いやすいキッチンにするためのポイントと、キッチンの失敗例をご紹介します。

 

□使いやすいキッチンのポイントとは?

せっかくキッチンをリフォームするのであれば、使いやすいキッチンにしたいですよね。
ここでは、キッチンを使いやすくするための2つのポイントをご紹介します。

1つ目のポイントは、レイアウトです。

キッチンのレイアウトを決める際には、調理の流れを意識したつくりにすることが大切です。
例えば、冷蔵庫から食材を取り出し、それらをシンクまで運び、水で洗い、包丁で刻んで、鍋に投入する、といった一連の動作が調理の流れと言えます。

こういった調理の流れをスムーズに行えるということが、使いやすいキッチンの条件です。
冷蔵庫からシンクやコンロまでの距離が遠かったり、逆に近すぎて窮屈になってしまったりすると、調理の流れをスムーズに行えません。
これらを適切な位置関係で配置することが重要です。

2つ目は、収納です。

キッチンのリフォームを行う際には、収納も見直してみると良いでしょう。
収納の使い勝手が上がれば、キッチン自体の使い勝手も向上します。
使用する頻度の高い調理器具は目から腰までの高さに収納したり、他の器具が取り出しやすくなるようにあまり使わないものは奥に収納したりといった工夫が有効です。

 

□キッチンでよくある失敗例とは?

では、キッチンの設計で起こりがちな失敗にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

*作業スペースが少ない

キッチンの作業スペースが少ないと、料理に余計な時間やストレスがかかってしまいます。
L型キッチンなどでは、コーナー部分がデッドスペースになりやすいという落とし穴があります。
十分にスペースを確保できるよう、気をつけましょう。

 

*床下収納が不便だった

床下収納を設置することで、余分なスペースをとることなく、収納スペースを増やせます。
しかし、床下収納は出し入れが面倒で、設置したものの滅多に使わない、ということになりがちです。
実際に使用する場面を想像しながら設置を検討しましょう。

 

□まとめ

今回は、キッチンのリフォームのコツと、失敗例について解説しました。
失敗例に注意して、使いやすいキッチンにできると良いですね。
当社では、お客様のリフォームをサポートしています。
大阪でリフォームをお考えの方はお気軽にご相談ください。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP