大阪でリフォームをお考えの方へ!廊下のライトをリフォームするには?

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪でリフォームをお考えの方へ!廊下のライトをリフォームするには?

ブログ

2021/04/04 大阪でリフォームをお考えの方へ!廊下のライトをリフォームするには?

リフォームを検討している方にぜひ考えてほしいことがあります。
それは、廊下のセンサーライトです。
廊下のセンサーライトがあることによって、生活の中にあるちょっとした問題が解決されるでしょう。

そのため、本記事では廊下のセンサーライトについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□センサーライトのメリットとは?

センサーライトを導入することによって、様々なメリットがあります。
そこで、ここでは3つのメリットについて解説します。

メリット1つ目は、オンとオフを気にしなくても良いことです。
廊下でライトが必要な場面では、手荷物を持っているケースがあり、そんな時にライトのスイッチに手を伸ばすことは難しいでしょう。
そんな時センサーライトがあれば、自動で点灯するので非常に便利です。
また、消し忘れることがない点も魅力的ですよね。

メリット2つ目は、夜の移動も安心な点です。
夜間にお手洗いに行くことはよくありますよね。

電気をつけると家族を起こしてしまいますが、つけなければ転倒の心配があります。
特に、高齢者がいらっしゃるご家庭では、転倒は重大なケガにつながりやすいため心配ですよね。
しかし、センサーライトがあればそういった心配をすることはなくなるでしょう。

メリット3つ目は、防犯性が上がることです。
空き巣や泥棒は、窓から侵入するパターンがありますが、玄関から入るケースもあります。
夜に、施錠し忘れて玄関から入られた場合でも、廊下にセンサーライトがあれば、不審者の侵入に気が付けるでしょう。

また、その場合は不審者もセンサーライトを警戒するので、どちらにしても家の防犯性は上がります。
さらに、センサーライトの存在は犯罪の抑止力となるので防犯グッズとしても大きな役割を果たすでしょう。

 

□照明を選ぶときのコツは?

廊下の照明を選ぶときは足元まで見えるものにしましょう。
歩きなれた廊下でも、暗いときは危険です。
明るいときには避けられた障害物も、暗い時間ではつまずいてしまいます。
そのため、安全性を考慮し足元がはっきり見える照明を選びましょう。

また、足元を照らすフットライトを採用すれば、周りの方を起こす心配もなくなるのでおすすめです。

 

□まとめ

今回は、廊下のセンサーライトについて解説しました。
廊下にセンサーライトを導入することによって、日々のちょっとしたトラブルや心配を解消できるでしょう。
このほかにもリフォームに関する疑問点やご質問がある場合は、お気軽にご相談ください。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP