大阪で寝室リフォームをお考えの方へ!床材の選び方を解説します

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪で寝室リフォームをお考えの方へ!床材の選び方を解説します

ブログ

2021/01/04 大阪で寝室リフォームをお考えの方へ!床材の選び方を解説します

大阪で寝室のリフォームをお考えの方はいらっしゃいませんか。
実は、寝室におすすめの床材というものがあります。
「床材でそんなに変わるものなのか」
このように思う方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、寝室におすすめの床材を紹介します。

 

□床材の種類について

床材には主に5種類あります。
1つ目はフローリングです。
最近ではフローリングを使用した家に住んでいる方が多いのではないでしょうか。
特徴としては、掃除がしやすくデザインが豊富なためさまざまな場所に合わせやすいという点があります。
フローリングの中にも無垢材と複合フローリングというものがあり、複合フローリングは比較的低価格なのが魅力でしょう。
しかし、無垢材に比べて傷の修繕が難しいためそこを考えた上で選択しましょう。

2つ目はタイルです。
タイルの特徴は丈夫でメンテナンスが不要な点です。
種類も比較的豊富なので好みのものも見つけやすいでしょう。
しかし、硬くて冷たいのでリラックスする場所には不向きかもしれません。

3つ目は、カーペットです。
カーペットは遮音性が高いためマンションなど上下への配慮が必要な方におすすめです。
柔らかく暖かいのでリラックスするには最適ですが、何かものをこぼしたりした時の掃除が少し不便でしょう。

4つ目は、クッションフロアです。
クッションフロアは価格が比較的安価なのが特徴です。
防水性に優れており汚れても拭き取れるため、汚れやすい場所に良いでしょう。

最後は畳です。
こちらは日本の伝統的な床材ですね。
昔ながらの藁でできたものも良いですが、最近では断熱材を用いた建材畳というものが主流となってきています。
藁のものより安価で手をつけやすいですが、調湿機能がないのでそこには注意しましょう。
こちらで紹介したのはあくまでも主な種類です。
細かく分ければ他にも床材はたくさんあるため、気になる方はぜひ他のものも見てみてください。

 

□寝室におすすめの床材について

*寝室の床材を選ぶ上で気をつけたいことについて

寝室の床材を選ぶ上で気をつけたいのは、足の暖かさとダニ対策です。
こちらの点に注意しながら選ぶようにしましょう。

 

*ベッドの場合

ベッドで寝ている方におすすめなのは、カーペットやコルクです。
寝室がフローリングの方も多いと思いますが、フローリングはどうしても冷たくなりがちです。
この2つの素材は断熱性が高く柔らかいので怪我もしにくいです。
寝室は睡眠というとてもリラックスする時間であり、体を冷やすのもあまりよくありません。
開放感を求めて靴下やスリッパを履かない方も多いと思うのでこれらの素材がおすすめです。

 

*布団の場合

布団で寝ている方は畳がおすすめです。
畳を表替えする場合は防ダニシートを敷いてもらうようにしましょう。
畳は断熱効果があるため、足元を冷やさず寝室に向いています。

 

□まとめ

今回は、寝室におすすめの床材を紹介しました。
床材を少し工夫するだけでも快適さは変わるでしょう。
足元を冷やさず、ダニも防げる床材を選んで快適な睡眠を獲得してください。
当社は大阪の業者ですので、お悩みの際はお気軽にご相談ください。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP