外装リフォームでの防水工事の方法とは?大阪の業者が説明!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

外装リフォームでの防水工事の方法とは?大阪の業者が説明!

ブログ

2020/12/05 外装リフォームでの防水工事の方法とは?大阪の業者が説明!

大阪で外装リフォームをお考えの方はいませんか。
外装リフォームは、住宅を長持ちさせるために重要です。
特に防水工事は外装リフォームの中でも大切な工程です。
今回は、外装リフォームでの防水工事の重要さと、工事方法をご紹介します。

 

□塗装とリフォームの違いとは

外壁塗装と外装リフォームは両方よく聞く言葉ですよね。
2つには明確な違いがあります。

外壁塗装は文字通り、外壁や屋根や付帯する構造物に塗装する工事です。

 

一方で、外装リフォームは塗装だけではなく、張替やカバー工法、防水工事、補修なども含めます。
外装リフォームは、見た目を綺麗にするだけではなく、外装の状態に合わせて建物の寿命を延ばすのに役立ちます。

外壁に関してリフォームをお考えの方は、塗装だけで良いのか、他にも工事が必要なのかを慎重に判断しましょう。

 

□防水工事が必要な理由と工事の方法とは

外壁塗装だけで十分と思っている方はいらっしゃいませんか。
住宅は劣化していくので、住宅の寿命を延ばすために、外装リフォームでの防水工事は重要です。
ここでは、防水工事が必要な理由を2つご紹介します。

 

雨漏りと言えば屋根からと考えている方が多いかもしれませんが、外壁からの雨漏りも多いです。
雨漏りを放置しておくと、住宅が腐ってしまう可能性があります。
たとえ小さなひびからの少量の雨漏りでも、次第に内部の構造材にまで雨が染み込んでしまうので、防水工事は必要です。

また、最初は防水機能がしっかりしている住宅でも、年数が経てば劣化してしまいます。
住宅を長く保つには、5~10年ごとに防水塗装を塗るのがおすすめです。

 

*工事方法

外壁防水工事には、弾性塗料が用いられ、防水性だけでなく伸縮性に優れているので、ひび割れに強いです。
一般的に行われる方法は単層弾性塗装で、下塗り、中塗り、上塗りの3段階で行います。
ただし、この方法は手抜き工事が起きやすいので注意しましょう。

防水性能がより高まるのが、複層弾性塗装で、合計で5度塗りなので安心です。
また、上塗りで使用する塗料の色を自由に選べる特徴を持っています。

 

□まとめ

今回は、大阪の業者が外装リフォームでの防水工事の重要さと工事方法をご説明しました。
外壁塗装と外装リフォームのどちらが、今の状況に必要か判断してからリフォームを行うのがおすすめです。
また、防水工事は必要な状態で放置していると、危険なので雨漏りを発見した場合は早めにリフォームを行いましょう。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP