大阪で収納スペースに困っている方必見!階段下収納のリフォームとは?

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪で収納スペースに困っている方必見!階段下収納のリフォームとは?

ブログ

2020/10/07 大阪で収納スペースに困っている方必見!階段下収納のリフォームとは?

大阪で住宅の収納スペースが少なくて困っている方はいませんか。
住んでいるうちに荷物が増えて、物が収まりきらないことがありますよね。
今回は、そんなお悩みを解決できるかもしれない、階段下収納リフォームについてご紹介します。

 

□工事方法とは?

階段下に収納スペースを設けるリフォームは2種類あります。
階段の長さや勾配によって取り付けるタイプを選べます。
急勾配の階段の場合は、階段下のデッドスペースが大きいので、ウォークインクローゼットタイプの収納を設けられます。
階段下は窓を設置できないため、大きい収納スペースの場合は、照明を取り付けるのが良いでしょう。
デッドスペースが大きくない場合は、棚だけを取り付けるリフォームもあります。
出入口を設置する必要がなく、壁を撤去して棚を取り付けるだけなので、値段を抑えられるでしょう。
どちらのリフォームも壁を撤去する大掛かりなリフォームなので、いくつか注意点があります。
例えば、壁が柱の役割を果たしている場合は、壁を撤去することで住宅の強度に問題が発生する場合があります。
また、小屋裏や床下の収納スペースがすでに存在している住宅では、収納部分の面積が階ごとの面積に対して半分以下であることが決められているので注意しましょう。

 

□メリットとデメリットを紹介

次に、階段下リフォームのメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

*メリット

まず、最大のメリットは、デッドスペースを有効活用できることです。
今は収納に困っていなくても、お子様が部活を始めたり、勉強道具が増えたりすると、一気に収納スペースが必要になるでしょう。
一度リフォームしておけば、今後は安心です。
また、動線が良くなるメリットもあります。
階段の近くにある場所で使う物を収納すると便利でしょう。
廊下に階段がある場合は、掃除機を入れたり、玄関の近くにある場合は、ゴルフ用品、子供の遊び道具、日曜大工の道具を入れたりすると動線がスムーズです。
さらに、台所の横に階段がある場合は、場所をとる大きいキッチン用品を入れておくと、キッチン周りをすっきりさせられるでしょう。

 

*デメリット

一方で、階段の強度が弱くなることがデメリットです。
しかし、この問題は素人で判断するのは難しいので、業者の方としっかり打ち合わせをしましょう。

 

□まとめ

今回は、階段下収納リフォームの工事方法とそのメリットとデメリットをご紹介しました。
階段下に収納スペースができると、生活する上で便利ですし、住宅がすっきりするでしょう。
デメリットや注意点も考慮しながら、ぜひ階段下収納を検討してみてください。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP