浴室のリフォームに必要な期間は?大阪の業者による解説!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

浴室のリフォームに必要な期間は?大阪の業者による解説!

ブログ

2020/08/30 浴室のリフォームに必要な期間は?大阪の業者による解説!

浴室リフォームの期間はお風呂に入れないので、どれくらいでリフォームが終わるか気になる方は多いのではないでしょうか。
今回は大阪の業者が浴室リフォームに必要な期間と日数を縮めてもらう方法をご紹介します。

 

□工事期間はどれくらい?

 

浴室リフォームにかかる期間はリフォーム前の浴室の種類によって異なります。
昭和に建てられた住宅に多く見られる在来浴室の場合は約5日から6日かかりますが、ユニットバスの場合は約5日で終わります。
在来浴室は、ユニットバスを設置できるように、解体した後に土間打ちして平らにする必要があるので、解体が簡単なユニットバスよりも工期が長くなります。
さらに、解体後にどれくらい下地補修が必要かは解体するまで分からないので、事前の準備ができない分予備日を設けた方が良いでしょう。
これまで、工期の日数をお伝えしてきましたが、実際は工事が完了していなくてもお風呂に入れます。
残りが内装工事のみの段階になれば、基本的に入れるので業者に聞いてみましょう。

 

□日数を縮める方法とは

 

とにかく早く工事を終わらせてほしいからと言って、極端に工期が短い業者に申し込むことや、来た業者にできるだけ急ぐように頼むのはおすすめできません。
なぜなら、あまりに短いと必要な工程を飛ばしている可能性があるからです。
しかし、この他にしっかりと期間を短縮してもらう方法があります。

 

*家を空ける

 

必要な工程はそのままで、日数を短くするには、作業効率を上げてもらう必要があります。
それが家を空けて、作業に集中してもらう方法です。
リフォームでは、業者が資材を搬入したり、組み立てたりする作業があるので、作業スペースが必要となります。
また、浴室は家の奥にあることが多いので、外まで資材を取りに行く際に家の中を歩き回ります。
その際に家の中にいると、お互い気を遣うことになるでしょう。
それらを避けるために、できるだけリフォーム中は家を空けておくと工事が通常よりも早く進む可能性があります。

 

*季節や時期

 

リフォームの工程でコンクリートを固めるのですが、真夏や真冬は気温や湿度の差が大きく、固まるまでに時間を要します。
固まらないまま進めると水漏れの原因になるので、固まるまで次の工程には進めず、自然に工期が延びてしまいます。
また、年末や年度末は繁忙期なので、対応できる職人が少なかったり、他の工事で間が空いたりすることがあるので、急ぐ方は繁忙期は避けるのがおすすめです。

 

□まとめ

 

今回は浴室リフォームの期間についてご紹介しました。
早く終わらせてほしい方は、まずは時期や季節を考えて申し込むと良いでしょう。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP