大阪で屋根のリフォームをお考えの方必見!屋根断熱の種類やメリットをご紹介!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪で屋根のリフォームをお考えの方必見!屋根断熱の種類やメリットをご紹介!

ブログ

2020/08/10 大阪で屋根のリフォームをお考えの方必見!屋根断熱の種類やメリットをご紹介!

屋根のリフォームの1つである、屋根断熱のリフォームをご存知でしょうか。
聞いたことはあるが、具体的には知らないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、大阪の業者が屋根断熱の種類やメリットとデメリットをご紹介します。

 

□屋根断熱の方法とは?

 

屋根断熱は、夏に太陽光の熱によって家の中が熱くなるのを防ぎ、冬は家の中の暖かい空気が外に逃げるのを防ぎます。
よく遮熱と間違われることがありますが、遮熱は夏の強い日差しを跳ね返す効果で、冬にはあまり関係ありません。
そのため、目的に合わせて、断熱にするか遮熱にするかを選ぶ必要があるでしょう。
屋根の断熱リフォームの方法は2つの種類があります。
1つ目は外側を断熱補強する方法で、具体的にはリフォームの際に断熱塗料を塗ってもらったり、屋根材を断熱性の高いものに変えたり、屋根をカバーしたりします。
2つ目は内側からの方法で、屋根の裏側に断熱材を充填します。

 

□メリットとデメリットを紹介!

 

リフォームの方法が分かったところで、屋根断熱のリフォームのメリットとデメリットをご紹介します。
ぜひ、これらを参考に屋根断熱リフォームを考えてみてください。

 

*メリット

 

代表的なメリットは、ロフトを作れることです。
本来ロフトは空間が狭く、屋根に近いため真夏は非常に暑くなります。
しかし、屋根断熱を入れておくと、夏でも快適にロフトで過ごせるようになります。
ロフトを作るときに入れる断熱材の量は通常の2倍と言われているので、あらかじめロフトを作ると決めている場合は業者に伝えましょう。
また、夏場の屋根裏は非常に暑くなり、なかなか使いにくいですが、断熱材が入っていると屋根裏の使い道が増えます。
今は暑くて荷物置き場になってしまっている屋根裏も、快適になると居住空間として屋根裏を作りかえられます。
ただし、屋根裏やロフトで就寝することは基本的に禁止されているので注意しましょう。

 

*デメリット

 

普通のリフォームにプラスで屋根断熱をすると、工事期間が延びてしまいます。
屋根断熱に似た天井断熱の工事は屋根に比べて工事面積が小さいので、工事を早く終わらせたい方は天井断熱の方が良いかもしれません。
しかし、もちろん天井断熱にも換気などの問題があるので、しっかり検討する必要があります。

 

□まとめ

 

屋根断熱のリフォームがどのようなものか理解できたでしょうか。
天井断熱より、工期は延びますが1階だけではなく、2階でも快適に暮らせるのでおすすめです。
ぜひ、屋根リフォームの際は屋根断熱も頭に入れて考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP