大阪で浴室のリフォームをする際に補助金を得る方法とは?

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪で浴室のリフォームをする際に補助金を得る方法とは?

ブログ

2020/08/06 大阪で浴室のリフォームをする際に補助金を得る方法とは?

浴室のリフォームでは補助金を得られることをご存知でしょうか。
リフォームにかかる費用は高いので、補助金をもらえるなら少しでも足しにしたいですよね。
今回は補助金制度の種類と、実際にもらう方法をご紹介します。
大阪で浴室のリフォームをお考えの方必見です。

 

□補助金制度の種類とは?

 

補助金制度は3種類あるので1つずつご紹介していきます。

 

*介護保険制度

 

介護保険適用の住宅改修制度では、介護保険の認定を受けている方が利用できます。
今のお風呂のままでは介護がしにくいため、リフォームをしようとお考えの方は利用できる可能性が高いです。
例えば、段差をなくしたり、浅い浴槽にしたり、腰掛付き浴槽に変えたりするリフォームでこの制度は利用できます。
基本的にリフォーム費用を20万円まで支給してもらえますが、所得によって自己負担額が変わるので、介護保険制度を利用する場合は、一度詳しく調べるのが良いでしょう。

 

*リフォーム減税制度

 

バリアフリーリフォームを行う際は所得税の控除や固定資産税の減額を受けられます。
所得税控除を利用する場合は、現金一括払いでもローン払いでも受けられ、金額の上限はありますが、工事費用の10パーセントを所得税から控除できます。
また、固定資産税の減額では、次の年の固定資産税を3分の2にしてもらえます。

 

*地方自治体

 

同居に対応するためやバリアフリー化するための補助金がもらえます。
地方自治体によって補助金がもらえるかや、工事施工者に条件があるかに差があるので注意しましょう。
一度住んでいる自治体に問い合わせてみるか、一覧で見られるサイトがあるので、そちらを閲覧することで、それぞれの状況を確認できます。

 

□補助金をもらう方法とは?

 

補助金をもらうには、申請書を記入する必要があります。
それぞれの制度によって必要な書類は違いますが、一般的に必要となる書類をここではご紹介します。
申し込む補助金が決まれば、リフォームを依頼した業者に相談すると良いでしょう。
まず、自分で用意できるものは、同一住宅に居住する全員分の住民票です。
介護やバリアフリーで補助金を受け取る際は本当に同居しているか証明する必要があります。
また、見積書、工事予定個所の写真、住宅の建設を行ったことが分かる書類、固定資産税納税通知書の写しは自分でも用意できます。
一方で住宅の検査済証の写しや住宅の図面は、業者に頼んで用意してもらいましょう。

 

□まとめ

 

補助金制度は介護やバリアフリーのためのリフォームをする際に活用できることが多いです。
活用できそうだと思った方は、地方自治体に確認して、申請してみてはいかがでしょうか。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP