大阪の外壁塗装業者が解説!外壁塗装の種類とは?

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪の外壁塗装業者が解説!外壁塗装の種類とは?

ブログ

2020/07/30 大阪の外壁塗装業者が解説!外壁塗装の種類とは?

「外壁塗装をしてみたい」と大阪在住の方で考えている方はいませんか。
そのような方の中には、外壁塗装において、何が重要なポイントなのか、またどういった種類があるのかを知らない方が多いと思います。
そこで今回は、代表的な塗料の種類や価格、外壁材の特徴を紹介します。

 

□代表的な塗料の種類とは

塗料の種類の分け方は6つあります。
グレードの違い、使用方法の違い、塗料の伸びの違い、光沢感の違い、色の違い、匂いや耐用年数の違いの6つです。
最もポピュラーなグレードの違いに関して詳しく説明しましょう。
グレードの高い塗料の例としては、フッ素塗料が挙げられます。
15年程と耐用年数が長いため、値段も高くなります。

反対に、アクリルといった5年程の耐用年数の塗料は値段が安くなるでしょう。
何を大事にするか優先順位をつけて検討する必要がありますね。

 

□外壁材の種類と塗装工法について

*外壁材の種類とその特徴とは

外壁材にもいくつか種類があるため、代表的な3つを紹介しましょう。

まず、国内で一番人気がある窯業系サイディングです。
特徴としてはカラーリングやデザインが豊富な点、工場生産のため品質が安定している点が挙げられます。
デメリットは、寒い地域で見られる凍害に弱い点です。
メンテナンスを定期的にしない場合は、長持ちしないでしょう。

次に、戸建住宅の10パーセントで使用されている金属サディングです。
これの特徴としては、地震の揺れによる影響が少ない点、金属特有の洗礼されたデザインが挙げられるでしょう。
しかし、金属特有のデメリットである、錆びやすく潮風に弱い特徴があるため、使用する場合は立地を考慮に入れる必要がありますね。

最後に紹介するのは、戸建住宅の6パーセントで使用されるモルタルです。
モルタルは上に書いた2つと違い、現場にて手作業で仕上げるため、味のある出来やデザインを自由に選択できる特徴がメリットとして挙げられます。

 

□代表的な塗装工法とは

次に説明するのは3つの塗装工法です。
塗装工法を知ることで、職人が何をしているのか知れます。

まずは刷毛(はけ)工法です。
これは小さい筆を使うため、広い面には適していませんが、細かい仕上げを行う際に活躍するでしょう。

次にローラー工法です。
これは、ローラーを転がしながら塗装していきます。
そのため、刷毛工法とは反対に、広い面を塗装する際に大いに役立つでしょう。

最後は吹き抜け工法です。
これは塗料をある機械の中に入れ、噴射することによって塗装していく工法です。
そのためローラー工法と同様に広い面を塗装できます。
しかし塗料が飛び散る可能性があるため、注意が必要でしょう。

 

□まとめ

今回は塗料の種類と外壁材、塗装工法の種類のいくつかを紹介しました。
どういった塗料を選ぶか、どういった外壁材にするかによって完成形が変わってくるため、どういった完成形にしたいかを事前に検討する必要があるでしょう。
それらを考えて、満足のいく外壁塗装をしてみましょう。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP