大阪にお住まいの方に向けて外壁塗装やリフォームの際に適用される減税について解説します!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪にお住まいの方に向けて外壁塗装やリフォームの際に適用される減税について解説します!

ブログ

2020/07/18 大阪にお住まいの方に向けて外壁塗装やリフォームの際に適用される減税について解説します!

 

大阪で「リフォームをしてみたい」と考えている方はいませんか。
住宅ローンが減税の対象であるのと同様に、リフォームも減税の対象となる場合があります。
そこで今回は、リフォームに関わる減税と注意点、条件について説明します。

 

□リフォームに関わる減税について

リフォームに関わる減税には「所得税の控除」「固定資産税の減額措置」「贈与税の非課税措置」があります。
どれを選ぶかによって適用される限度額が変わるため注意が必要でしょう。

リフォーム減税を適用できる工事としては「バリアフリーリフォーム」「省エネリフォーム」があります。
これらのリフォームをする上で、作られた住居の年数や、同居人の年齢といった細かい条件があり、それらを満たせた場合は減税の対象となりえます。
行おうとしているリフォームが上記のものに当てはまりそうな場合は、調べてみる必要があるでしょう。

減税が適用される際は、まずいくつか必要な書類の作成を依頼します。
その後、地方自治体や税務署に決められた期限までに提出する必要があります。
提出しない場合は、本来抑えられる費用を払う必要があるため、忘れることのないように気をつけましょう。

 

□減税を受ける際の注意点や条件について

ここでは具体例を出しながらリフォームに関する減税の注意点や条件について説明します。

 

*バリアフリーリフォームにおける減税条件とは

バリアフリーとは車椅子が通れるようにするために廊下の幅を広げたり、スロープを付け加えたりすることです。
減税対象となるには「要介護・支援または障害者の認定を受けていること」、そして「所得税減税の場合は50歳以上、固定資産税減税の場合は65歳以上であること」を満たしている必要があります。

 

*省エネリフォームにおける減税条件とは

省エネリフォームは太陽光発電装置の設置や、窓の断熱工事が例として分かりやすいでしょう。
その際の条件としては、補助金を引いて払う額が50万円以上であることが挙げられます。
窓の断熱工事の際は、全ての居室の窓の工事をする必要があります。

以上で紹介した減税条件は、工事の内容や、控除を受ける対象の税金の種類の組み合わせによって異なります。
市区町村によって条件が異なる場合もあるため、詳しく知りたい方は税務課や税事務所に聞いてみると良いでしょう。

 

□まとめ

今回はリフォームに関わる減税について、いくつか例を出しながら説明しました。
リフォームは簡単な買い物ではないため、減税を利用して費用を抑えられるように取り組んでいきましょう。

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP