外壁塗装のおすすめのタイミングとは?大阪のリフォーム会社がご紹介します!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

外壁塗装のおすすめのタイミングとは?大阪のリフォーム会社がご紹介します!

ブログ

2020/06/22 外壁塗装のおすすめのタイミングとは?大阪のリフォーム会社がご紹介します!

 

「外壁塗装をするタイミングがわからない」
このように、外壁塗装は頻繁に行うことがないので、適切なタイミングがわからないという方も多いですよね。
そこで今回は、大阪府にお住いの方へ、外壁塗装のタイミングを見極める上で重要なポイントについてご紹介します。

 

□外壁塗装のおすすめのタイミング

外壁塗装を行う際に適切なタイミングは、主に壁面に著しい劣化を発見した時でしょう。
しかし、壁面の劣化現象と言ってもあまりはっきりとしたイメージが湧きにくいですよね。
ここではどんな状況を基準に考えると良いのかを具体的にご紹介します。

 

*チョーキング現象が起こっている

チョーキング現象とは、外壁に触れた時に壁の塗料がチョークを触ったときのように手に移ってしまう現象のことです。
この現象は壁面が長期間日光や雨風にさらされ続けることによって表面の塗装部分が劣化してしまい、塗料が剥がれてしまうことで発生します。

このチョーキング現象が起きていると、外壁自体が経年劣化している恐れがあるので塗装し直す際の重要な指標となるでしょう。

 

*外壁にカビや苔が生えてきた

外壁にカビや苔が付着してしまった場合も上記と同じように経年劣化が起こっていると考えて良いでしょう。
元々は外壁自体に防水力や耐久性が備わっているため、そこにカビや苔が発生するということはその性能が著しく低下しているという証拠です。

外壁の汚れも一見ただの汚れのように見えますが、注意して見るとカビが生えていたケースも決して少なくありません。
そのため、しっかりと確認すると良いでしょう。

 

*ひび割れが起こっている

外壁の素材にモルタルなどを使っている場合はひび割れしていないかどうかも外壁塗装のタイミングを考える重要なポイントです。

外壁にひびが入ってしまった場合、そのひびから雨水が入ってくると腐食を起こしてしまうかもしれません。
また、ひびが大きくなれば建物自体の強度や耐震性の低下にもつながるでしょう。

耐震性が低下してしまうと災害が起こったとき非常に危険ですよね。
深刻な問題に発展してしまう前に塗装しなおして、安全に暮らせるようにしましょう。

 

□外壁塗装をするなら春か秋がおすすめ

実は外壁塗装を行うタイミングは季節にも関係があります。
外壁塗装を行うための最適な環境は一般的に気温が5度以上かつ湿度が80パーセント以下だと言われています。
この条件を考慮すると外壁塗装に最適な季節は春か秋ですね。
そのため、外壁塗装の依頼は春か秋にしましょう。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装のタイミングを見極める上で重要なポイントについてご紹介しました。
外壁塗装のタイミングを適切に判断するためには多くのポイントがあります。
外壁塗装を検討している方は、今回ご紹介したことを参考にしていただけると幸いです。

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP