洋室から和室にリフォームしたい方へ!大阪の業者がポイントを解説します!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

洋室から和室にリフォームしたい方へ!大阪の業者がポイントを解説します!

ブログ

2020/05/18 洋室から和室にリフォームしたい方へ!大阪の業者がポイントを解説します!

 

家に和室が欲しい方は必見です。

家に和室が欲しい方は意外と多いのではないでしょうか。
その場合、家の中の1室を和室にリフォームするはおすすめです。
しかし、リフォーム経験のない方にとってはわからないことが多く不安かと思います。
今回は、大阪の業者が洋室から和室へのリフォームの際の注意点について解説します。

 

□洋室から和室へのリフォームの際の注意点とは

まず、和室へのリフォームのパターンは、工事の規模ごと異なります。
費用を抑えたい場合、洋室のフローリングの上に畳を敷き詰めるリフォームを行います。
部屋や扉の形によって自在に畳をカットしましょう。
カーペットの貼り替えのように手軽に行えるのが魅力的ですね。

 

一方、畳だけでなく、部屋全体で和の雰囲気を感じたい方にはフルリフォームがおすすめです。
襖、壁紙、障子などたくさんの要素を盛り込めるのがフルリフォームの特徴です。

 

次に、和室へのリフォームの際の注意点について解説します。

 

*畳の高さが異なる

洋室を和室へリフォームする際、畳の分床が高くなることに注意しましょう。
洋室の開き戸をそのままにしておく場合、別途床の高さを調整する工事が必要となります。
また、引き戸の場合にも段差をそのままにしておくと危険ですよね。
家族構成によっては段差をなくす工事が必要かどうか検討する必要があるでしょう。

 

*他の部屋とのバランスが崩れる

洋室と和室が繋がっている場合、両者の調和に注意する必要があります。
統一された雰囲気の住宅の中に1つだけ異質な空間があると、違和感につながる可能性があります。

特に、和室の仕切りを開放してリビングとして使う場合には注意が必要でしょう。
視覚的なバランスが崩れる可能性があるためです。
アンバランスにならないための対策として、リビングの床と似た色のクロスを使用するのが有効です。

 

部屋を区切る場合は襖や障子を避け、引き戸を採用するのも良いでしょう。
引き戸は和室、洋室どちらでも違和感がなく、バランスを取りやすいです。

 

また、和室の使用用途もイメージしておきましょう。
寝室、リビングなど、使用する場面によって適する照明が違うためです。

 

□まとめ

洋室から和室へのリフォームの際の注意点についてご紹介しました。
まずは予算や希望によって、床のみのリフォームかフルリフォームか決めましょう。
検討する際は、洋室と和室で床の高さが変わることに注意しましょう。
また、他の部屋とのバランスにも注意し、色味や扉を工夫しましょう。

□・────────────・□
BaseForm.
電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP