大阪でトイレリフォームをお考えの方へ!よくある失敗や対策を解説します!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪でトイレリフォームをお考えの方へ!よくある失敗や対策を解説します!

ブログ

2020/05/14 大阪でトイレリフォームをお考えの方へ!よくある失敗や対策を解説します!

 

リフォームを検討する際、失敗しないか心配ですよね。

今回はトイレのリフォームでよくある失敗をご紹介します。
さらに、その対策について大阪の業者が解説します。
せっかくのリフォームで後悔することのないよう、ぜひ参考にして検討してください。

 

□トイレのリフォームでよくある失敗と対策とは

リフォームをする際、良くなるイメージだけを持って検討していると、少し危険かもしれません。
十分に検討したと思っても、実際にリフォームしなければ気づかないこともあるでしょう。
ここでは、トイレのリフォームの失敗例を3例挙げますので、ぜひ参考にしてください。

 

*床材の失敗

リフォームの際、デザイン性を重視した床材を使用して失敗することがあります。

特に、無垢材、複合フローリングなどの木材の床での失敗が挙げられるでしょう。
他の部屋や廊下と雰囲気を統一するために、木材の床を選ぶ方が多いです。

しかし、木材はトイレの湿気やアンモニアに弱いという弱点があります。
マットや掃除で対策する方法もありますが、やはり限界があるでしょう。
腐食や変色のリスクを避けるのは困難と言えるでしょう。

最初は良くても、使っているうちに汚れてしまう可能性が高いです。
床材によく使われているのはクッションフロアです。
汚れが気になる方はクッションフロアを選ぶことをおすすめします。

 

*トイレが狭くなる

トイレが狭くなるという失敗も考えられます。
実は便器のサイズは、種類によって微妙に異なります。
たかが数センチの差かもしれませんが、もともと狭い空間なので、少しの違いで大きな影響が出るのです。

特に、最近の多機能のトイレの場合、サイズが大きくなる傾向にありますので注意しましょう。

対策としては、現在の便器のサイズを正確に測り、比較することが1番でしょう。
目安として、便器からドアまでの距離は50センチあると良いと言われています。

 

*内開きのドアでの失敗

内開きのドアですと、やはり出入りしにくい点が気になってしまいます。
また、トイレの中にスリッパが置けなくなる可能性も頭に入れておいてください。

できれば外開きを選ぶべきですが、スペースの関係で不可能な場合は、引き戸や折れ戸を採用することをおすすめします。

 

□まとめ

トイレをリフォームする際の注意点と対策についてご紹介しました。
床材は基本的にはクッションフロアが汚れにくく便利でしょう。
また、便器のサイズは十分に確認しましょう。
ドアについてもやむを得ない場合を除き、内開きのものは避けることをおすすめします。

□・────────────・□
BaseForm.
電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP