大阪でリフォームをしたい方必見!平屋住宅でできる断熱対策を紹介します!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪でリフォームをしたい方必見!平屋住宅でできる断熱対策を紹介します!

ブログ

2020/01/30 大阪でリフォームをしたい方必見!平屋住宅でできる断熱対策を紹介します!

「平屋住宅での断熱が心配!」
「リフォームしてできる断熱対策を知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
断熱対策をして快適な暮らしを実現させたいですよね。
そこで、今回は平屋住宅でできるリフォームによる断熱対策を紹介します。

 

 

□平屋住宅の断熱性

 

*平屋の断熱性は劣っている

平屋住宅は、2階がないのですべての部屋が屋根に接しています。
したがって、外の温度の影響を受けやすいです。
つまり、断熱性は劣っていると言えます。
夏は暑く、冬は寒くなり、快適な暮らしができない可能性があります。
そのため、リフォームによる断熱対策をして、外の温度に影響を受けづらい家づくりをおすすめします。

 

*断熱性が高い利点

断熱性が高いと、快適に暮らせるだけでなく、光熱費も節約できます。
なぜなら、室内の温度が外の温度に左右されにくくなり、エアコンも効きやすくなるためです。
また、風邪をひいたり、アレルギーになったりするリスクも抑えられます。

 

 

□平屋住宅でできるリフォームによる断熱対策

 

*断熱材

平屋住宅では、屋根や壁に断熱材を取り入れることをおすすめします。
断熱材には、以下のようにさまざまな種類があるのでご確認ください。
・硬質ウレタンフォーム:断熱性が非常に優れているため、外張断熱でよく使われる素材です
・セルロースファイバー:古い新聞紙を原料としており、湿気の吸収や吸音性に優れています
・ポリスチレンフォーム:発泡スチロールで作られており、耐水性に優れています
・木質繊維ボード:廃材から作られており、湿気の吸収や放出に優れています
これ以外にも、豊富な種類があるので興味がある方は業者に確認しておきましょう。

 

*注意点

断熱材にはさまざまな種類があります。
これらは、熱伝導率の違いによって断熱性に差があります。
しかし、断熱材の厚さによっても断熱性は異なるため、どの断熱材を選ぶかはそれほど重要ではありません。
もし、どの断熱材を使用するか迷った場合は、業者に相談してみると良いでしょう。

 

 

□まとめ

以上、平屋住宅でできるリフォームによる断熱対策を紹介しました。
平屋住宅は、2階建ての住宅よりも外の温度の影響を受けやすいです。
したがって、断熱材を取り入れて断熱対策をすることをおすすめします。
ぜひこれらを参考に、快適な暮らしを手に入れてみてはいかがでしょうか。
当社では、大阪を中心にリフォームの施工を行っております。
豊富な実績を生かし、お客様の希望に沿ったプランを提案できます。
もし何かわからないことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP