大阪でリフォームを希望の方必見!平屋にリフォームすることで固定資産税がどのように変わるのか紹介!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪でリフォームを希望の方必見!平屋にリフォームすることで固定資産税がどのように変わるのか紹介!

ブログ

2020/01/18 大阪でリフォームを希望の方必見!平屋にリフォームすることで固定資産税がどのように変わるのか紹介!

「平屋にリフォームしたいが、固定資産税は変わるの?」
「固定資産税と平屋の関係を詳しく知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
平屋にリフォームすることで、固定資産税がどのように変わるか気になりますよね。
そこで、今回は平屋にリフォームすることで固定資産税はどのように変わるのか紹介します。

 

 

□固定資産税とは

固定資産税とは、土地や家屋に課せられる税金です。
毎年1月1日時点での土地や住宅の所有者が、固定資産税を支払う義務があります。
税額は、固定資産税評価額に標準税率である1.4%を掛けた金額です。
固定資産税評価額は、それぞれの市町村によって決められます。
土地の場合、国土交通省が公示している土地の価格を参考にして、これらの7割程度の価格が定められます。
家屋の場合、経年劣化や再構築した場合にかかる費用を考慮して定められます。
また、特例措置が適用できる場合には、減税できる可能性があるでしょう。

 

 

□平屋にリフォームすることで固定資産税はどのように変わるのか

 

*大きくは変わらない

土地にかかる固定資産税は、延床面積によって決まります。
したがって、同じ延床面積で2階建てから平屋にリフォームをする場合は、土地の固定資産税は変わりません。
しかし、家屋にかかる固定資産税は変わる可能性があります。
もし、同じ延床面積で同じ仕様のままリフォームすると、平屋のほうが屋根や壁に多くの資材を使います。
そのため、家屋の資産価値が高くなり、固定資産税が高くなる可能性があるでしょう。

 

*固定資産税を安くする方法

住宅で使っていない部分があっても、固定資産税はかかってしまいます。
そこで、リフォームをする際、使っていない部屋やスペースを減築する方法があります。
減築によって延床面積が減ると、土地にかかる固定資産税を減らせます。
また、使う資材の量を減らして、家屋の資産価値を下げることで、固定資産税を減らせる可能性があります。

 

 

□まとめ

以上、平屋にリフォームすることで固定資産税はどのように変わるのか紹介しました。
まずは、固定資産税について簡単に理解しておくことをおすすめします。
平屋にリフォームすることで、固定資産税は大きくは変わりません。
しかし、費用が高くなる可能性もあるので、注意しておく必要があります。
当社では、大阪を中心にリフォームの施工を行っております。
豊富な実績を生かし、お客様の希望に沿ったプランを提案できます。
もし何かわからないことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP