大阪でリノベーションをしたい方必見!リノベーションでできるバリアフリーの事例を紹介!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪でリノベーションをしたい方必見!リノベーションでできるバリアフリーの事例を紹介!

ブログ

2020/01/14 大阪でリノベーションをしたい方必見!リノベーションでできるバリアフリーの事例を紹介!

「歳をとってきたので、バリアフリーの家にしたい!」
「リノベーションでどのようなバリアフリーができるの?」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
安心して暮らすために、家をバリアフリーにしたいと考える方もいらっしゃるでしょう。
そこで、今回はリノベーションでできるバリアフリーの事例を紹介します。

 

 

□リノベーションでできるバリアフリーの事例

 

*浴室

浴室は、リノベーションが多い場所の一つです。
体が不自由になると、浴室で滑ったり段差でつまずいたりする危険があります。
床を滑りにくい素材にすることや、浴室と脱衣室の間の段差をなくすようにすると良いでしょう。
また、高齢者の事故で多いのが、浴室内での溺死です。
これは、浴室とお湯の温度差が原因です。
したがって、浴室や脱衣所に暖房器具を置くことをおすすめします。

 

*トイレ

トイレは使う頻度が高い場所なので、バリアフリー仕様にしておくことをおすすめします。
車いすで生活することを見据えて、広いスペースを確保したり、手すりをつけたりすると良いでしょう。

 

*扉

開き戸は、車いすでは通りにくく、急に開いた扉にぶつかる可能性もあります。
したがって、スライド式の扉に変更することをおすすめします。
高齢者だけでなく、小さな子どもがいる場合も安全性を考えて、スライド式にしてみても良いかもしれません。

 

*玄関

玄関がせまいと、車いすでは通りづらく不便です。
玄関を広くして通りやすくすると良いでしょう。
また、リビングから直接家の外に出られるように、デッキを設置するのもおすすめです。
デッキから緩やかなスロープを道路まで敷くと、外出がかなり楽になります。

 

*廊下

住宅の廊下には、小さな段差がある場合が多いです。
体が不自由になると、小さな段差でも転んでしまう危険性があります。
したがって、段差は極力なくなるようにリノベーションしてみてはいかがでしょうか。
また、手すりをつけておくことも重要です。

 

 

□まとめ

以上、リノベーションでできるバリアフリーの事例を紹介しました。
体が不自由になると、今まで普通に使っていた部分も不便に感じるところが出てくるかもしれません。
さまざまな事例を見ておくことで、どのようなリノベーションが効果的かわかります。
ぜひこれらを参考に、リノベーションでバリアフリーにしてみてはいかがでしょうか。
当社では、大阪を中心にリフォームの施工を行っております。
豊富な実績を活かし、お客様の希望に沿ったプランを提案できます。
もし何かわからないことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP