【大阪にお住いの方へ】知っておきたい!外装リフォームの基礎知識をご紹介!

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

【大阪にお住いの方へ】知っておきたい!外装リフォームの基礎知識をご紹介!

ブログ

2019/11/06 【大阪にお住いの方へ】知っておきたい!外装リフォームの基礎知識をご紹介!

「外壁が傷んできたし、外装を新しくしたい」
「外装リフォームの基礎知識が欲しい」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか?
しかし、外装リフォームをしようとしても何から始めればいいのかわからない人もいらっしゃると思います。
そこで今回は、外装リフォームの基礎知識をご紹介します。

 

 

□外装リフォームの基礎知識

なぜ外装リフォームをするのでしょうか?

 

*外装の目的

外装リフォームをする目的は2つあります。
1つは、外観を美しく見せること、もう1つは、家の素材を保護することです。
家の外壁は日々、太陽の光や雨風によってダメージを受けています。
外壁が傷んでくると見た目が悪くなるだけでなく、タイルが剥がれたり、ひび割れが発生したりします。
このような劣化を放置しておくと、リフォームの規模も大きくなり、修繕が困難です。
そのため、定期的にメンテナンスすることで家の綺麗さと寿命を守ります。

 

*外装のトラブル

劣化した外壁を放置すると様々なトラブルが発生します。
クラックと呼ばれる下地のひび割れや塗膜の樹脂が劣化し粉状になって壁に発生するチョーキングが外壁の代表的なトラブルです。
このようなトラブルが外壁に見られると外装リフォームをするタイミングと言われています。
また、年数の目安でいうと、10年おきがベストなリフォーム期間です。
定期的にリフォームすればリフォームの費用が安く抑えられ、より長い期間家を良い状態でキープできます。

 

 

□外壁の種類

外装リフォームをするとき、どのような種類の外壁があるのでしょうか?

 

*サイディング

現在主流になっている素材で、石膏とセメントを混ぜ合わせたものです。
モルタルに比べ、工期が短くすむので費用が安くなり、デザインも豊富なのが特徴です。

 

*モルタル

砂とセメントと水を混ぜ合わせて作られた素材です。
防火性が高く、強度が強いのが特徴です。
防水性能が低くなると、劣化が急激に始まります。

 

*タイル

色あせしにくく、定期的に綺麗にすれば、30年以上保つ耐久性を持っています。
外壁全体をタイルにするのは費用が高くなるので、他の外壁材と併用して仕上げるのが一般的です。
メンテナンスや強度の問題で主流にはなっていないですが、他にもコンクリートや木材などの外壁材もあります。

 

 

□まとめ

今回は、外リフォームの基礎知識と外壁の種類についてご紹介しました。
もし、外壁に白い粉やひび割れを発見した場合、それは外壁のメンテナンスが必要な合図です。
当社は5000件以上を見た実績をもとに、お客様のお住まいをトータルプロデュースさせていただきます。
無料で見積もりも行なっていますので、大阪でリフォームをご検討の方は気軽にお問い合わせください。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.

電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP