大阪の業者が解説!階段をリフォームする際のポイントとは

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪の業者が解説!階段をリフォームする際のポイントとは

ブログ

2019/10/02 大阪の業者が解説!階段をリフォームする際のポイントとは

「階段のリフォームってどのようなことに気をつけたらいいのかな?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
階段は家の中の移動に欠かせない部分です。
そのため、古くなったらリフォームする必要があります。
しかし、階段は何を基準にリフォームすればよいか分からないという方が多いでしょう。
そこで今回は、階段をリフォームする際のポイントを大阪の業者が解説します。

 

□階段のリフォームの種類

階段のリフォームには以下の種類があります。

 

*手すり設置

安全のために手すりを設置します。
手すりは、少し体重がかかっただけで壊れてしまってはいけません。
そのため、業者にしっかりとした強度の手すりを設置してもらう必要があります。

 

*床材変更

小さな子供がいる家庭では、滑らないように、階段にコルクやカーペットを敷きます。
床材を貼り替えるだけで済むので簡単に終わります。

 

*勾配変更

勾配が急な階段を昇り降りするのは非常に危険です。
そのため、勾配を緩やかにします。

 

*照明追加

家によっては、照明の配置が悪く、階段に光が入りにくい場合があります。
階段が暗いと、転落の危険が高まります。
そのため、階段の足元に照明を追加して階段を明るくします。

 

*階段下収納

階段の下に収納スペースを作るリフォームです。
階段の下に空間を作る分、強度の高い階段にする必要があるので、業者に依頼してリフォームします。

 

□階段をリフォームする際のポイント

階段を選ぶ際は、以下のことを基準に選びましょう。

 

*滑りにくい床材を選ぶ

安全のために、階段の床材は、滑りにくく柔らかいものにしましょう。
例として、木材やコルク、カーペットが挙げられます。

 

*階段を明るくする

階段は、照明の光が入って来ず、暗い場合が多いです。
階段が暗くて転倒してしまうことがないよう、照明器具を増やす・明るい床材を選ぶ・採光のための窓を設置するといったリフォームをしましょう。

 

*U字型の階段にする

直線階段は、一気に昇り降りできますが、万が一転落した場合、一気に下まで転げ落ちてしまいます。
転落したときのケガを最小限にするためにも、途中に踊り場があるU字型の階段にしましょう。

 

□階段をリフォームする際の注意点

注意点として、リフォーム中は階段を使えないということがあります。
二階より上の階を主に使う家の場合、階段を使えないと、家でほとんど生活できません。
そうならないために、リフォーム中は外出するといった工夫をしましょう。

 

□まとめ

今回は、階段をリフォームする際のポイントを解説しました。
階段は家の中でも事故が多い場所です。
おしゃれな階段にしたい気持ちも分かりますが、何よりも安全を重視した階段にすることを考えましょう。
階段のリフォームでお困りの方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.
電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP