大阪でリノベーションしたい方必見|DIYでの床の張替え方を紹介

BaseForm.

06-6958-4815

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-307

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜日・祝日

下層メインビジュアル

大阪でリノベーションしたい方必見|DIYでの床の張替え方を紹介

ブログ

2019/07/02 大阪でリノベーションしたい方必見|DIYでの床の張替え方を紹介

今の部屋が住みづらくて、リノベーションをしたいと思っている方はいらっしゃいますか?
ご自分で作業をするのが好きだという方は、DIYで床の張替えをしたいと考えている方も多いかもしれません。
今回は、そんな方のためにDIYでの床の張替え方についてご紹介していきます。

 

□DIYは慎重に

もし初めてDIYをするという方なら、しっかりと知識をつけた上でのぞみましょう。
一見楽しい作業のように思われますが、初心者が間違った方法でしてしまうと、納得のいかない仕上がりになってしまうかもしれません。
DIYをする際は、きちんと勉強してから取り組みましょう。

 

□床の張替え方法

まず、床の張替えには2つの方法があります。
1度すべての床を剥がしてから新しい床材を入れる方法と、今ある床の上から新しい床材を敷く方法です。
では、どのような流れで床の張替えをするかをご説明します。

 

*床材を決める

まず、新しい床材を決める必要があります。
床材によって特徴があるので、どのようなポイントにこだわりたいかを考えながら、素材を選んでいきましょう。

 

*新しい床材を敷く

1度すべての床を剥がしてから、または床の上から新しい床材を敷きます。
床材を敷きつめる際、端の方から順番に敷いていきましょう。
床材1枚分のボンドを端の方から塗っていき、その上に床材を慎重に置いていきます。
順々に、2列目3列目と段差ができないように作業をしていきます。
2列目からは、床材の凹凸が合うように敷き詰めていきましょう。
敷き詰めたら、上から釘を打って固定していきます。
また、乾燥や温度で大きさが多少変わるので、キツキツに詰めないようにするのがオススメです。
最も難しいポイントが、最後のスペースに床材を敷きつめる場合です。
最後に余ったスペースにあらかじめ計算しておいた、長さと幅の床材を敷き詰めます。
その際に、壁を傷つけないように、カバーしながら作業するようにします。

 

□業者に相談しましょう

ここまで、DIYでの床の張替え方についてご紹介してきましたが、やはり失敗のリスクが高く、難しいというご感想をよくいただきます。
そのため、仕上がりが綺麗で床材の知識などにも詳しい業者に頼むことをオススメします。
やはり、初心者では知識量と経験に限りがあります。
何も知らずに間違った方法でしてしまうよりも、業者に相談して自分の理想に近づけていくほうが、より安心で確実です。
自分でできる範囲に限りがあると思ったら、迷わず業者に相談しにいきましょう。

 

□まとめ

今回は、DIYでの床の張替え方についてご紹介しました。
床の張替えの方法を理解できましたでしょうか?
DIYでやることもできますが、ぜひ業者にご相談ください。
今回の記事を参考に、部屋のリノベーションについて検討してみてください。
また、当社は大阪や奈良、神戸でリフォームを行なっています。
何か相談事がありましたら、是非お問い合わせください。

 

 

□・────────────・□
BaseForm.
電話番号 06-6958-4815
住所 〒630-0213
奈良県生駒市東生駒4-398-307
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
□・────────────・□

TOP